トップページ > 臨床勉強会

臨床勉強会 clinic seminar

臨床勉強会とは about clinic seminar

 美容鍼灸の会「美真会」では、美容鍼灸だけを学ぶのではなく、臨床で役立つ鍼灸や漢方、それに伴う勉強会を実施しています。美真会では、美容鍼灸を健康と美容の双方からアプローチできる技術だと考えています。そのため、局所的な施術ではなく全身的な治療を行うため知識や技術は必要不可欠だと考えています。

 そこで、この臨床勉強会では、臨床経験の豊富な鍼灸師の先生をお招きし、数ある疾患や症状の中から一つのテーマを取り上げて、臨床に即した知識と技術を学びます。

  日本の鍼灸治療には、様々な流派や団体がありますが、そのスタイルを大きく分類すると「現代鍼灸」「経絡治療」「中医学」の3つに大別されます。美真会では、中国医学に基づく鍼灸治療を美容鍼のベースに取り入れています。

 しかしこの臨床勉強会では、経絡治療や中医学などジャンルに捕らわれずに様々なスタイルの鍼灸治療を取り上げています。その理由は、同じ疾患に対する鍼灸治療であっても、そのスタイルや方針によっていくつもの方法があり、美真会では、それらを広い視野で見つめ、様々な知識と技術を身に付けてもらいたいと考えているからです。

 また臨床勉強会では、鍼灸だけを学ぶのではなく鍼灸師として臨床に役立つ知識や技術も学べるように講座を増やしています。薬剤師による漢方や漢方茶など鍼灸師にとっても有益な分野の勉強会の実施を行っていきます。

       

臨床勉強会 主なセミナーカリキュラム acupuncture seminar curriculum

 臨床勉強会で取り上げる主なテーマについて紹介します。

運動器系の講座

  • 首の疾患        首の痛みや肩こりなどの症状に対する鍼灸治療を学びます。
  • 腰の疾患        腰の痛み、ぎっくり腰などの症状に対する鍼灸治療を学びます。
  • 膝の疾患        膝の痛み、下肢の痛みなどの症状に対する鍼灸治療を学びます。
  • 手の疾患        指の痛み、腱鞘炎などの症状に対する鍼灸治療を学びます。
  • 足の疾患        下腿の痛み、足の捻挫などの症状に対する鍼灸治療を学びます。

婦人科系の講座

  • PMS(月経前症候群)   PMSの症状に対する鍼灸治療を学びます。
  • 生理痛         生理痛の症状に対する鍼灸治療を学びます。
  • 更年期障害       更年期障害の症状に対する鍼灸治療を学びます。
  • 不妊症         不妊症の症状に対する鍼灸治療を学びます。
  • 子宮内膜症       子宮内膜症の症状に対する鍼灸治療を学びます。

内科系の講座

  • 消化器系の疾患     食欲不振や便秘などの症状に対する鍼灸治療について学びます。
  • 呼吸器系の疾患     風邪や鼻炎などの症状に対する鍼灸治療について学びます。
  • 循環器系の疾患     低血圧や高血圧などの症状に対する鍼灸治療について学びます。
  • 泌尿器系の疾患     頻尿や膀胱炎などの症状に対する鍼灸治療について学びます。

中医学入門講座

  • 中医学とは       中医学の概念について学びます。
  • 陰陽五行        陰陽と木火土金水の概念について学びます。
  • 気血水         気と血と水について学びます。
  • 十四経絡経穴      12の経絡と督脈、任脈を足した14経絡について学びます。
  • 弁証論治        中医学による証の決定と、治療方法の決定について学びます。

中医診断学講座

  • 望診          中医学による望診の仕方について学びます。
  • 聞診          中医学による聞診の仕方について学びます。
  • 脈診          中医学による脈の診断方法について学びます。
  • 舌診          中医学による舌の診断方法について学びます。
  • 補寫          中医学による補寫の概念について学びます。

カルテの書き方講座

  • 問診票で必要なこと   美容鍼灸を行う上で必要な問診票の内容について学びます。
  • 施術方針の決定     問診票の情報の中から施術方針を考える方法について学びます。
  • 配穴と治療の記録    配穴や施術した内容をどのように記載して置くかを学びます。
  • アドバイスなど     ホームケアや症状に対するアドバイスの仕方を学びます。
  • 考察          施術を振り返り考察の記録や今後の方針の決定について学びます。

漢方薬講座

  • 漢方薬とは       漢方茶とはどんなものなのか?を学びます。
  • 漢方茶の材料      漢方茶に良く使う食材を紹介します。
  • 漢方茶のための生薬学  漢方茶に必要な生薬学について紹介します。
  • 美味しいお茶の入れ方  漢方茶を美味しく飲む秘訣を学びます。

漢方講座

  • 綺麗と元気のための漢方 貴方を支えてくれる漢方について紹介します。
  • 気・血・水について   漢方の基本である氣・血・水について紹介します。
  • 漢方による体質分類   気と血と水の各2つずつ合計6つのタイプを紹介します。
  • 漢方的肌トラブル解決法 ニキビ、目のクマ、シミなどに対する漢方薬を紹介します。

臨床勉強会講師陣clinic seminar a lecturer

講師 阿江邦公Kunihiro Ae

阿江邦公

<プロフィール>
 当時日本で唯一の鍼灸大学、明治国際医療大学に進学し東洋医学を学ぶ。在学中に本場の中国に渡り研修を積み、日本では明治国際医療大学付属病院と付属鍼灸センターでも臨床経験を積み、厚生労働省認定であるはり師、きゅう師免許を取得する。
 その後、鍼術丹波流宗家岡田明三に師事し、日本の伝統鍼灸を学び、現在は鍼灸もぐさ堂を開院し代表となる。同時に明治国際医療大学大学院を卒業し鍼灸学修士を取得。アルファ医療福祉専門学校の講師、鍼の効果を実感する会、明鳳会の代表なども務める。

講師 渡辺 明春Akiharu Watanabe

樫出恒代

<プロフィール>
 小田原衛生学園専門学校を卒業後、同年、北京中医学院外国人進修班として留学する。 その後天津中医学院にも留学をする。中国から帰国後した後、後藤学園中国室に勤務。2000年から東京衛生学園総合医療ケア学科、3年後、東京衛生学園臨床教育専攻科、 そして現在は後藤学園中医学研究所中医臨床センターの外来患者様を治療するスタッフとして勤務している。

    担当:臨床小勉強会

    専門:中医学

  • ◇経歴◇
  • 後藤学園中医学研究所中医臨床センター
  • ◇資格◇
  • はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師
  • 介護支援専門員
  • 介護福祉士
  • 通訳案内士(中国語)
  • ◇LINK◇
  • HP   後藤学園 中医学研究所

講師 若杉寛Hiroshi Wakasugi

若杉寛

<プロフィール>
 昭和36年東京に生まれ、昭和58年に東京衛生学園専門学校鍼灸マッサージ科を卒業する。 その後、塩谷整形外科、古川治療院、駒沢病院を経て昭和63年〜平成18年まで牧田中医クリニックに勤務し、平成21年にはりきゅうマッサージすこやかな森を開業に至る。
 牧田中医クリニック在勤中には、二度に渡って中国・天津中医学院第一附属医院(現天津中医薬大学第一附属医院)にて臨床研修を受ける。 その経験を活かし、現在は東京衛生学園専門学校 臨床教育専攻科非常勤講師として中医鍼灸の臨床指導を務めている。 中医鍼灸は難しいという一般的なイメージを払拭するため、系統的に構成された中医学によって、現実的な症状や体質などから客観的に判断して施術を行えるように後身の指導にあたっている。 

    担当:中医診断学講座

  • ◇経歴◇
  • はりきゅうマッサージすこやかな森 院長
  • 中医鍼灸東京健鍼会 会長
  • 東京衛生学園専門学校非常勤講師
  • 中国・天津中医薬大学第一附属医院認定 醒脳開竅法指導員
  • ◇資格◇
  • 中医鍼灸臨床アドバイザー
  • はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師
  • ◇著書◇
  • 中医鍼灸実践マニュアル(BABジャパン)
  • ◇LINK◇
  • HP   はりきゅうマッサージ中医鍼灸 すこやかな森
    HP   中医鍼灸東京健鍼会

講師 折橋梢恵Kozue Orihashi

折橋梢恵

<プロフィール>
 大学在学中に、中国へ留学し中国医学である「鍼灸」と出会う。帰国し大学卒業後に鍼灸学校へ進学、鍼灸接骨院で経験を積みながらアロマテラピーなどを学ぶ。鍼灸学校を卒業とともに国家資格であるはり師、きゅう師の資格を取得。更に東京に上京し、東京衛生学園専門学校の臨床教育専攻科に進学し、2年間に渡り鍼灸業界でトップレベルの先生方から指導を受ける。卒業と共にはり師、きゅう師の教員資格を取得。長野県の鍼灸学校で教鞭をふるう傍ら、表参道のセラ治療院で町田久氏を師事し、美容鍼灸と分子栄養学について学ぶ。その後、イルミアアカデミービューティースクールに入学し、エステティシャンの資格を取得。学院長の藤井峯子氏を師事し、直接指導を受ける。藤井氏から学んだフェイシャルトリートメントに経絡や経穴などの中医学の理論を加えた技術は、折橋式美容鍼灸「美身鍼」の技術の一つとなっている。

    担当:中医学に基づくカルテの書き方

  • ◇経歴◇
  • 白金鍼灸サロンフューム 代表
  • 美容鍼灸の会美真会 会長
  • ビィートゥルースアカデミー 代表
  • 元・信州医療福祉専門学校 非常勤講師
  • ◇資格◇
  • 鍼師・灸師
  • 鍼師・灸師教員資格
  • 日本エステティック協会認定エステティシャン
  • AEAJアロマテラピー検定1級
  • JAA日本アロマコーディネーター協会アロマコーディネーターライセンス
  • JAA日本アロマコーディネーター協会アロマハンドリラックスライセンス
  • 調理師
  • 薬膳アドバイザー
  • ◇著書◇
  • 新しい美容鍼灸『美身鍼』共著(フレグランスジャーナル社)
    新しい美容鍼灸『美髪鍼』共著(フレグランスジャーナル社)
  • ◇LINK◇
  • HP   白金鍼灸SalonFium
    HP   ビィートゥルースアカデミー
    Blog  美容鍼灸師Kozue

講師 樫出 恒代Hisayo Kashide

樫出恒代

<プロフィール>
 自身の体調不良を機に漢方に目覚め、漢方を古典から学び、アロマテラピーを独学で習得。実家である「漢方相談 くすりのヒロヤ」にて漢方カウンセリングとフットヒーリングをはじめる。2003年日本初・女性専門漢方薬局「銀座・若草漢方薬局」の立ち上げに店長として参加。漢方薬とアロマテラピーの融合により、より良い治療または予防ができると確信。1人ひとりのこころとからだにていねいに向き合うことをモットーに、現在、「ジュノ ウィミンズウェルネス銀座産院・健康院」内の漢方カウンセリングルームKaonで漢方カウンセリングと、オリジナルのバイタルフットヒーリングによるケアもおこなっている。 よりたくさんの方に漢方の良さを伝え、漢方でしあわせな毎日を送ってもらうための活動として、東京・新潟などでセミナーを行なっている。著書に美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)がある。

講師 久保田佳代Kayo Kubota

久保田佳代

<プロフィール>
17年漢方に携わり、現在、東京・新宿三丁目で漢方薬局「漢方の氣生」を経営。漢方でカラダのケアを、心理カウンセリングでココロのケアを行っている。 漢方の良さをもっと多くの人たちに知ってもらい健康的な毎日を過ごせるよう、漢方を使った新商品の開発、講演やイベントで東洋医学の視点から 健康を伝授するなど漢方の伝道師として忙しい日々を過ごしている。

セミナー情報Seminar Pick up

セミナーチラシイメージ

 美容鍼灸の会「美真会」が主催している各種勉強会についてご案内しています。ワンデーセミナー、臨床勉強会、経営セミナーなど開催が決定した勉強会については、詳細ページをご参照ください。

会員募集admission

入会申込書

 美容鍼灸の会「美真会」は、現在会員を募集しています。会員になると、セミナー等の各種割引や修了書制度を利用することができます。詳しくは詳細ページをご参照ください。

Copyright(C) Biyoushinkyunokai Bishinkai All Rights Reserved.